副業

副業の確定申告で気を付けること

 

 

副業の確定申告で気を付けること

長年続く不景気や「働き方改革」の影響もあって、副業を始める人が増えています。

副業を行う上で、忘れてはならないのが確定申告です。

「自分は副業を始めたばかりだから関係ない」

そう考えてる人も多いかも知れませんね。

しかし副業で、ある程度稼げるようになってからではなく、今から確定申告について勉強しておいて損はないでしょう。

今回は副業の確定申告をする上で気を付けるポイントなどについて解説します。

・確定申告をすべき人は?

まず社会人で確定申告をしなければいけない人は以下の通りです。

1.年収2000万円以上の人
2.二箇所以上から給料を貰っている人副業の年収20万円以上の人
3.副業で得た年収が20万円以上の人
4.110万円以上の贈与を受けた人
5.投資信託・FXで利益が出た人
6.保険の満期金を受け取った人
7.不動産を売って利益が出た人

この記事を読んでいる方は、2に該当する人がほとんどでしょう。

では次から、副業の年収が20万円以上ある人が確定申告する上で気を付けるポイントを詳しく解説します。

・副業の確定申告で気を付けるポイント

副業と言ってもアルバイトなどで稼いでいる場合とアフィリエイトや転売・せどりなどで稼いでいる場合の2通りがあります。

同じ副業でも、給与を受け取る方法によって確定申告の扱いが変わるのです。

①副業でアルバイト・パートをしている

副業でアルバイトやパートをしていて年間20万円以上稼いでいる人は、確定申告をしないといけません。

しかし年間20万円以下であれば確定申告は不要です。

②副業でアフィリエイトなどをしている

副業でアフィリエイトや転売などをしている人も年間所得が20万円以上稼いでいる場合は、確定申告をしないといけません。

しかし注意すべきは「年間所得が20万円以上」という事です。

例えば年間の売り上げが20万円あったとしても、経費に10万円かかっていた場合、10万円の所得となるので確定申告が不要になります。

③アルバイトとアフィリエイトの両方している

では、アルバイトでの給与所得とアフィリエイトの雑所得の両方で稼いでる場合はどうなんでしょう?

こういった場合は所得の合計が20万円以下なら確定申告は不要です。

しかし確定申告が不要なのは所得税のみです。

住民税に関しては、申告が不要という制度自体がありません。

なので住民税は副業の所得合計が20万円以下でも別途申告が必要となるので忘れずに申告しましょう。

 

・確定申告の申告期限

確定申告は1月1日~12月31日の所得を、翌年の2月16日~3月15日の期間中に申告を行う必要があります。

ちゃんと期間中に申告を済ませないと無申告加算税が課されるのでちゃんと期間中に申告しましょう。

無申告加算税は、納税額が50万円以下は15%、50万以上は20%が加算されます。

しかし期間を過ぎてしまっても、税務署の調査前に自主申告した場合は5%の加算となります。

 

副業がバレない方法を伝授

・経費として計上できる出費は?

確定申告を計算する上で、経費は一体どれだけ計上できるのか悩みますよね。

ここではアフィリエイトやユーチューバーなどを副業としている場合を例にあげて解説します。

経費は、ビジネスを行う上で必要となる費用が経費になります。

具体的に経費として計上出来ると考えられるものは以下の通りです。

①ネットにかかる通信費用
②電気代
③サーバーとドメイン代
④記事ネタのために商品などを購入した費用
⑤セミナー参加費や書籍代
⑥ASPから報酬が振り込まれる時にかかる振り込み手数料

基本的に、こういうものが経費として計上出来ます。

次のページへ >

-副業

© 2021 副業サイト Powered by AFFINGER5