副業

副業の確定申告で気を付けること

・【経費の計上方法その1】自宅で作業しているケース

アフィリエイトを副業としているほとんどの方は、自宅で作業していると思います。

その場合、電気代や通信費は作業中だけでなく普段の日常生活でも使うので、どうやって経費として計上するのか?

電気代や通信費は、作業中に使っている時間だけを計算して、その分を計上します。

例えば1ヶ月の通信費が5000円とします。

1ヶ月を30日とすると30×24=720時間。

720時間中、半分の360時間を作業時間に割いたとすると通信費の半分となる2500円が経費として計上するという事になります。

これだけ聞くとちょっとややこしいと感じるかも知れません。

しかし、経費にかかる割合をしっかり計算して合理的に説明できるようにしておかないと税務署に「なぜ、そういう割合になるのか?」と指摘される事があります。

・【経費の計上方法その2】購入した商品

次に購入した商品を経費として計上する方法について。

これは、アフィリエイトであれば商品と記事の関連性がポイントです。

レビューするために何か商品を購入し、写真などを撮って記事にあげるといった場合は経費として上げる可能性はありますが、100%その商品をレビューのために使ったかというところが重要で、残りをプライベートで使ったとなるとその分は経費として扱うことは難しくなります。

・高級品を購入した時の経費の計上方法

10万円以上の物は、減価償却資産となるので、全額を一括で経費として計上できません。

定められた耐用年数に応じて経費に計上していく事になります。

例えば1月に20万円のPCを購入したとします。

PCの耐用年数は4年と言われています。

つまり1年で5万円ずつを4年かけて経費として計上されるという事ですね。

但し、パソコンだと日常生活でも使用するでしょう。

となると、パソコンを作業で使っている割合を計算して経費として計上しましょう。

この辺に関しては明確な線引きがある訳ではありません。

しかし重要なのは「購入した商品がどのように使われて、どれだけ副業に関連しているか」です。

あと購入した時の領収書などは捨てずにしっかりと保管しておきましょうね!

・最後に

税理士に相談することを忘れずに!

今回は副業で確定申告をする上で気を付けるポイントについて解説しました。

経費の計算に関しては、かなり面倒だと思います。

しかし1円でも節税したいのなら、必要経費を適切に計上する事が重要です。

ネットで調べるのも一つの手ですが、最後は専門の税理士に判断を委ねないといけません。

素人の判断で後で痛い目に合わないよう、迷ったらプロに相談、これが鉄則になるかと思います。

-副業

© 2021 副業サイト Powered by AFFINGER5